治療の特徴

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は米国にあるアライン・テクノロジー社で開発され、同社で、シミュレーション作成から、アライナーというマウスピース型矯正装置の作成までを行っています。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は付けている事がほとんど分からない透明の矯正装置で、目立たない矯正を希望されている方に大変好評を得て、米国をはじめ、海外ではとてもポピュラーな矯正法になっています。そして、日本でもその利便性や審美性から利用者が増え続けているマウスピース型の矯正装置です。

インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の特徴

透明で付けている事がほとんど分からない

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のマウスピース(アライナー)は、透明なポリウレタンで作られていますので、付けていることがほとんど分かりません。
『周りに気づかれずに矯正をしたい』と思っていらっしゃった患者様にとっては、その希望を叶えてくれる矯正装置です。

インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

>>マウスピース型矯正装置(インビザライン)のメリット・デメリットはこちらでも確認できます

痛みがほとんどない

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のアライナーは、素材が薄くて柔らかいので、ワイヤーで歯を固定する時の痛みと比較すると、ほとんど痛みや違和感がありません。長く使い続けるという面で考えても、使いやすい矯正と言えます。

インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

取り外しができる

アライナーは、1日20時間を目安に装着していただく事によってその効果を発揮しますが、食事や歯磨きの時には取り外す事が可能です。
快適に食事ができるので、歯磨きがしづらいために虫歯や歯周病の原因を作ってしまった…という事も起こりにくくなります。

金属アレルギーの心配がない

ほかの矯正と違って金属を使いませんので、金属アレルギーになる心配がありません。(ただし、治療の期間を早める目的などで、治療の最終段階などに金属を使う他の矯正と組み合わせることもあります。こちらは患者様のご希望をお聞きした上で行っています。)

歯の移動シミュレーションが見れる

アライン社のクリンチェックというソフトによって、ご自分の歯の移動シミュレーションを見ていただくことが可能です。これによって、治療のイメージがとてもクリアになり、モチベーションアップにつながります。

通院回数が少ない

治療期間は2週間ごとにアライナーを交換して、歯の移動を行っていきますが、最初にアライナーはすべて作成されますので、経過観察のために1.5ヶ月~3ヶ月ごとぐらいのペースの通院のみで済みます。

他のマウスピース型矯正装置との違い

マウスピース型矯正装置の中でも対応できる診療範囲が広がる

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、コンピューターを使って、治療のシミュレーションを作成することができるため、ほかのマウスピース型の矯正装置に較べて、より精密な診断を行うことができ、患者様のお口の中の状態に合わせて治療の予測が立てやすいという特徴があります。

インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

型取りの回数が少ない

アライナー装着期間終了後の調整をしない限りは、基本的には最初の型取りのみで済みます。

>>マウスピース型矯正装置(インビザライン)のメリット・デメリットはこちらでも確認できます