治療の流れ・サポート・期間

初診相談(約1時間ほど)

まずは、患者様の歯並びに対する悩みをお聞かせいただきます。
また、費用や期間などのご希望があれば、それについてもその時にお聞きしています。
初回の相談は、インターネットで当院の情報を診ていただいたり、知り合いやお友達からの紹介で来られた方には無料で行っています。治療を行うかどうかは、その場ですぐに決断していただかなくても大丈夫です。
必要であればレントゲンを撮って、詳細にお口の中の診断を行って、患者様に合った治療方針をご提供していきます。また、治療を決められた後も、いつでもご相談が可能です。

マウスピース矯正装置(インビザライン)治療開始

精密診断

ここでは、マウスピース矯正装置(インビザライン)の治療を進めていくための、詳細な診断を行っていきます。口腔内写真・顔貌写真・セファロレントゲンの撮影などによって、患者様の歯並びや顎の状態・咬合などを詳細に診断し、アライナー作成のための情報を集めていきます。
また、虫歯や歯周病がある場合は先に治療を行います。そして、診断のために作っている歯型とは別に、アライナーを作るためにシリコンを使って精密に型取りを行います。この歯型を、診断時に撮影したレントゲン・口腔内写真・立案した矯正治療計画とともにアメリカのアライン・テクノロジー社に送ります。インビザラインはこの会社が開発から製作まで行っています。

アライン社によるシミュレーション作成(精密検査~2週間ほど)

アライン社は郵送されたデータを元に、歯並びを再現する3Dを作成します。また、クリンチェックという独自のシステムを使って、患者様一人ひとりの理想的な歯の移動シミュレーションを作っていきます。
アライン社はこのデータを依頼元の矯正歯科にインターネット経由で送付します。そして、矯正を行う医師が、確認後、摺り合わせを行い、変更を入れたい箇所などをフィードバックします。このやりとりを何度か繰り返しながら、より患者様に合ったインビザライン作成計画にしていきます。

患者様への診断結果と矯正計画のご説明

患者様に詳細な診断結果をお伝えし、出来上がったシミュレーションを診ていただきます。
この3Dシミュレーションに沿ってアライナーを作成していきますので、患者様に納得していただいてから次のステップに入ります。

アライン社へアライナーを発注(発注~約3週間でアライナーが到着)

患者様に納得いただいたのち、アライン社へアライナーの発注を行います。この時に、治療の最終段階に至るまでの全てのアライナーが作られます。

アライナーを装着しての矯正治療開始(2年~3年ほど)

実際にアライナーを装着して、矯正を始めていきます。
2週間ごとに、新しいアライナーにして歯の移動を行っていきますが、次回の来院予定までに、ご自宅で交換して使っていただける分のアライナーをお渡ししています。
治療中は食事と歯磨き以外の時間はできるだけ装着していただきます。
また、装着の仕方・お手入れの仕方・治療の時に注意するポイントなど、使用にあたって知っていただく必要があるところはすべて丁寧にお伝えしています。

定期的な経過観察(1.5ヶ月~3ヶ月ごと)

治療を開始してからは定期的にご来院いただき、治療計画どおりに歯が移動しているかどうかの確認を行います。また、必要があれば、インビザライン(マウスピース矯正装置)を補助する装置を付けていただき、イメージ通りの矯正治療を促します。

矯正期間終了・必要に応じてリファインメントによる調整(6ヶ月~1年ほど)

シミュレーションに添って作成されたアライナーを2週間ごとに交換し、すべて装着し終わるのが、2年~3年ほどです。装着期間が終わると、シミュレーションと実際の歯の動きの違いによって生じた差を埋めるための調整が行われます。
調整が必要ない場合もありますが、必要が生じた場合は、リファイメントという追加矯正によって調整します。リファインメントを行うことが決まれば、再び歯型を取ってアライナーを作成します。

矯正治療終了・保定装置の装着(2年ほど)

矯正後の歯の状態を維持するために、保定装置を装着して後戻り防止を行います。この間も定期的な経過観察とともに口腔内全体の状態をチェックさせていただきます。また、保定装置は2年経過後も付けていただくことによって、より後戻りのリスクを減らすことが可能になります。