よくある質問

Q

インビザライン矯正は痛みがありますか?

A

どの装置も初めて使う時は異物を歯に付けますので多少の違和感・圧迫感、痛みがあります。しかし、矯正器具の中でもインビザライン矯正は比較的痛みが少ない矯正と言えます。また、初め多少の違和感があっても徐々に治まってきます。

Q

インビザラインによる矯正は何歳から何歳まで可能なのでしょうか?

A

昔は永久歯が全部生え変わるまではインビザラインは使えませんでした。しかし、今はインビザラインティーンもありますし、年齢に関係なく使っていただけます。10歳ぐらいの年齢の患者様から、上は、歯槽膿漏になっていらっしゃらない限りは何歳の方でも治療を行っていただけます。

Q

インビザラインの矯正装置は一日にどのくらい装着しますか?

A

基本的に食事中と歯磨きの時以外は付けていただいています。目安としては、一日20時間以上の装着を毎日続けていただくことで、治療計画に沿った矯正を進めていけます。装着しておられない時間が長くなった場合は、矯正にかかる期間が伸びてしまう可能性もあります。

Q

インビザライン矯正の治療中に食事制限はありますか?

A

食べ物を噛んだ時に、痛いと感じられる場合はできるだけ柔らかいものを食べていただくようにしていますが、特に食事制限はありません。

Q

インビザライン矯正の治療中に喫煙してもいいのでしょうか?

A

喫煙禁止とまではお伝えしていませんが、タバコのヤニによって装置が着色し、茶色くなる可能性があります。また、喫煙によって血流が悪くなると歯の移動に影響が出てきますので、矯正中は喫煙されない方が歯の移動が早くなります。

Q

インビザライン矯正の治療中に虫歯になることはありますか?

A

装置をしていることが原因で虫歯になる、ということはありませんが、虫歯になる人はなります。虫歯になって虫歯治療を行うと、もちろん装置が合わなくなることがあります。ですので、矯正期間中はなお一層丁寧な歯磨きを行って虫歯予防をしていただく必要があります。

Q

アライナーを紛失・破損した場合はどうなりますか?

A

紛失後、すぐに来院いただけたら、次のアライナーをお渡しするか、1つ前のものを付けていただくことでカバーできることが多いです。なくしてしまって、長い間付けていらっしゃらない場合は、その後に使う予定だった装置にも影響が出てしまい、再度作り直しの可能性も出てきます。その時は費用の負担がかかってきますので、紛失・破損の場合は、すぐにご連絡ください。

Q

インビザライン矯正ができないケースもありますか?

A

症例によっては、インビザラインのみでの治療では、満足していただける治療結果にならない症例もあります。しかし、インビザライン矯正を補助する装置を付けることによって、納得していただける矯正結果に近づけていくことは可能です。この補助装置にはたとえば、アタッチメントを使ったり、見えない部分にブラケットを付けることによって、ほとんどのケースでインビザラインによる矯正が可能になります。

Q

抜歯をしないといけないケースはありますか?

A

歯の移動、美しい歯並びの形成のために、抜歯が必要になるケースもあります。

Q

妊娠中でもインビザライン矯正は可能なのでしょうか?

A

妊娠中は、インビザラインだけではなく、いかなる矯正も可能です。