子どもへの治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)による治療は成長期のお子さんには適さないとされてきました。

しかし、『目立ちにくい』というマウスピース型矯正装置(インビザライン)の特徴を生かしながらも10代のお子さんにも使いやすく作られたのが、マウスピース型矯正装置(インビザラインティーン)です。

思春期の多感なお子さんこそ『きれいな歯並びにしたいけど、ワイヤーが目立つのは嫌』という方は多いです。マウスピース型矯正装置(インビザラインティーン)は、そのような患者様の希望を叶えてくれる矯正装置です。

 

また、マウスピース型矯正装置(インビザラインティーン)も成人のマウスピース型矯正装置(インビザライン)と同じく金属を使わないため、体にもやさしく、スポーツや楽器演奏などの活動をしているお子さんにも比較的使いやすいものとなっています。

インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。